『Dr.倫太郎』の感想がおもしろいと賞賛される3つの理由

Dr.倫太郎

出典:mynavi

2015年4月スタートの春ドラマ『Dr.倫太郎』が毎週水曜日に日本テレビ系列で放送されます。『リーガル・ハイ』や『半沢直樹』で大ヒットを記録した堺雅人が主演ということで非常に注目度の高いドラマでした。4月15日の初回放送後には「おもしろい」、「続きが気になる」など内容を絶賛や賞賛する声が相次ぎました。そこで今回は堺雅人主演『Dr.倫太郎』の感想がおもしろいと賞賛される3つの理由について見ていきます。

スポンサードリンク

理由1:堺雅人の演技力がすごい

堺雅人

出典:http://topicks.jp/2718

堺雅人は過去に出演したドラマでもその演技力に対して定評があり、『半沢直樹』の福澤克雄監督は堺雅人の役者としての能力について次のように話しています。

Comment

「この人は別格の役者だなと思っていました。何といっても、しゃべりが早いですから。その上、的確で滑舌もいいし、膨大な台詞も覚えられる。これは、特殊技能ですよ。(出典:dot.asahi)

技術的な力だけではなく、役柄を通して人としての魅力がにじみ出ていることが彼の演技が絶賛されている理由と言えるのではないでしょうか。

Comment

「「役者とは何か?」「自分はどう生きるべきなのか?」という自問自答が常に繰り返されているのだろう。だからこそ、彼の演技は魅力的なのだ。」(出典:WEB GOETHE)

『Dr.倫太郎』は天才精神科医の倫太郎が、精神疾患を抱える患者たちと向き合って治療していきます。傷ついた患者の心に寄り添う温かみのある堺雅人の姿に心癒される人も多いという。また、今回は仕事は超一流だが、恋愛に関してはまったく興味がなくいまだに独身の倫太郎が”恋に落ちていく”という、意外性や堺雅人のかわいらしい一面が視聴者の興味を引き立てていると言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

理由2:キャスト(出演者)がすばらしい

蒼井優

出典:http://www.minp-matome.jp/pub/55c2fcd0a502e7ec8e2b14bd215c30b7/2

堺雅人だけでなく共演するキャスト(出演者)がすばらしいという声も相次いでいます。ヒロインには医療系ドラマ『Dr.コトー診療所』や芸子のお元を演じた『龍馬伝』に出演するなど、『Dr.倫太郎』の役柄として相性がいい蒼井優、また『昼顔』で一躍ダイブレイクした吉瀬美智子。堺雅人演じる倫太郎をめぐる”女の闘い”に目が離せません。


また、ベテラン俳優陣も多彩で安定した演技が期待できる役者が揃いました。若手俳優を育成するプロジェクトの校長を務める石橋蓮司、シリアスでコミカルな役柄が強い小日向文世、日本アカデミー賞を連続受賞した余貴美子、さらに松重豊、遠藤憲一、高畑淳子などいずれも実力派俳優と呼ばれる役者がそろったため、ドラマにリアリティと重厚さを加えています。


さらに内田有紀、高梨臨、酒井若菜、長塚圭史、真飛聖、高橋一生、中西美帆ら若手や中堅俳優も名のある役者がそろったことで、どのシーンでも楽しめる要素が満載と言えるのではないでしょうか。

理由3:精神科医という設定がおもしろい

精神科

出典:http://www.yokohama-kyousei.org/10message/1005clinic-intro/post_31.html

『救命病棟24時』、『ナースのお仕事』、『Dr.コトー診療所』、『白い巨塔』、『ドクターX』など今までも医療系のドラマは数多くありましたが、いずれも外科系を中心としたものがほとんどでした。『Dr.倫太郎』は精神科医をテーマとしたドラマ。日本には300万人以上のうつ病患者がいると言われており社会問題になっていることや、心理学の人気が高いという背景から多くの人が注目をしていると言えます。


さらに、登場人物が抱えている苦悩や心の葛藤は、現代社会を生きる誰もが持ちうる”心の病み”を描いたものであり、「自分にもそういうところがある」など視聴者が共感を感じられることが人気の理由なのではないでしょうか。


堺雅人主演ということで春ドラマの中で一番の注目であった『Dr.倫太郎』。感想や評価も上々のスタートを切った今後の展開に注目です。

<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

『Dr.倫太郎』の堺雅人がかっこいいと絶賛される4つの理由

『Dr.倫太郎』のロケ地や撮影場所まとめ!臨海病院や創価大など

『Dr.倫太郎』キャスト(堺雅人などの出演者)とあらすじを紹介

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ