『Dr.倫太郎』のロケ地や撮影場所まとめ!臨海病院や創価大など

 Dr.倫太郎

 出典:so-net

2015年の春ドラマ『Dr.倫太郎』が4月15日スタートで毎週水曜日に放送されます。『半沢直樹』や『リーガル・ハイ』などで視聴率キングとして君臨している堺雅人主演ということで大きな注目を集めていました。


ドラマを見ていて気になるのはやはりロケ地。そこで今回はドラマ『Dr.倫太郎』の舞台となるロケ地や撮影場所について紹介していきます。

スポンサードリンク

東京臨海病院(東京都江戸川区)

東京臨海病院

出典:https://www.residentnavi.com/hospital.php?hospital_id=1060

地下鉄東西線「西葛西駅」からバス、もしくはJR京葉線「葛西臨海公園駅」から徒歩20分の場所にある東京臨海病院。ここが『Dr.倫太郎』の主な舞台となる病院のロケ地の1つとして使われています。


3月1日をはじめとしてこの病院で撮影があった、という目撃情報が多数ありました。


ちなみに、東京臨海病院は『Dr.倫太郎』だけではなく、4月スタートの春ドラマ『アルジャーノンに花束を』のロケ地としても使われています。

「今日はDr.倫太郎の撮影できてるけど、1週間前はアルジャーノンに花束をの撮影で来てたらしいよ…やっぱ私の入院してる病院結構撮影現場として使われてるんだって!!これ全部看護師さん情報です」


 <『アルジャーノンに花束を』ドラマのロケ地や撮影場所のまとめ!>

住所:東京都江戸川区臨海町1-4-2

創価大学(東京都八王子市)

創価大学

出典:http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kanko/hachijuhachi/kenchikubutsu/000329.html

JR中央線「八王子駅」からバスで約20分の場所にある創価大学。4月3日にドラマの撮影があったという目撃情報が多発しました。


第1話で夢乃(蒼井優)が倫太郎(堺雅人)にキスをした公園のロケ地として使われている可能性が高いです。


また、目撃情報では「夜桜のシーンが使われた」とありましたので、ドラマの中で夜桜が映るシーンがあれば、創価大学での撮影で使われたということになります。


住所:東京都八王子市丹木町1-236

スポンサードリンク

国会議事堂(東京都千代田区)

国会議事堂

出典:http://matome.naver.jp/odai/2129498288940918801

地下鉄国会議事堂前から徒歩数分の場所にある国会議事堂。『Dr.倫太郎』の公式ツイッターにて3月10日に撮影していたことを明らかにしています。監督が「晴れにこだわりたい」と言っていたシーン、とのこと。

ここは第1話の冒頭で倫太郎(堺雅人)が池正行(石橋蓮司)のカウンセリングをしていた場所です。


ちなみに国会議事堂前は春ドラマ『ヤメゴク』のロケ地としても使われています。

<『ヤメゴク』のロケ地や撮影場所まとめはこちら>

横浜市立大学(神奈川県横浜市金沢区)

横浜市立大学附属病院

出典:http://www.e-resident.jp/resident/initial/h00149-message.php

横浜駅やみなとみらいからさらに南下し、八景島シーパラダイスの方にある横浜市金沢区福浦地区。ここでも撮影の目撃情報がありました。

ここにある横浜市立大学附属病院はドラマの慧南大学附属病院のロケ地として使われています。

 

住所:神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

八芳園(東京都港区白金台)

八芳園

出典:http://kayammy.exblog.jp/tags/%E5%85%AB%E8%8A%B3%E5%9C%92/

地下鉄白金台駅から徒歩3分の場所にある八芳園。結婚式場として有名な場所です。ここは第1話で夢乃(蒼井優)と小夢(中西美帆)が踊っていたロケ地として使われています。

住所:東京都港区 白金台1-1-1

大さん橋(神奈川県横浜市中区)

大さん橋

出典:http://pierfes.com/detail

みなとみらいの赤レンガ倉庫の南側で、みなとみらい線「日本大通り」から歩いて数分の場所にある横浜港大さん橋。横浜エリアの観光スポットとしても有名です。


3月2日に大さん橋付近で堺雅人の撮影していたという目撃情報があったことから、『Dr.倫太郎』のロケであった可能性があります。

生田スタジオ(神奈川県川崎市多摩区)

生田スタジオ

出典:http://www.emachi.co.jp/location/loca_detail.php?dr_id=d201407_kindaichi&lc_id=4

京王線「稲田堤駅」か小田急線「読売ランド前駅」からバスで行く日本テレビの撮影スタジオとなっている生田スタジオ。ここは、倫太郎(堺雅人)の先輩医師である荒木重人(遠藤憲一)が経営する荒木診療所のセットがあることを明らかにしています。


住所:神奈川県川崎市多摩区菅仙谷3-20-1

ルーサイトギャラリー(東京都台東区柳橋)

ルーサイトギャラリー

出典:http://www.canaelle.jp/a-map/000043.html

地下鉄浅草橋駅から徒歩5分の場所である隅田川沿いにある骨董店ギャラリー「ルーサイトギャラリー」。


ここは第2話で日野倫太郎(堺雅人)が夢乃(蒼井優)の料亭に会いに行ったシーンで使われました。

住所:東京都台東区 柳橋1丁目28-8

洗足池(東京都大田区南千束)

洗足池

出典:http://matome.naver.jp/odai/2136292600925682101/2136293053326643803

東急池上線洗足池駅の目の前にある洗足池。ここは第2話で倫太郎(堺雅人)と夢乃(蒼井優)がデートでボートに乗ったシーンで使われました。

ホルモン焼き肉ぶち(東京都渋谷区道玄坂)

ホルモン焼き肉ぶち

出典:http://www.cybergarden.net/gourmet/2007/07/buchi.html

JR渋谷駅西口から徒歩5分の場所にある「ホルモン焼き肉ぶち」。ここは第2話で倫太郎(堺雅人)たちが焼き肉を食べていたシーンで使われました。

住所:東京都渋谷区道玄坂1-8-2

初音小路(東京都台東区)

初音小路

出典:http://naka54ori56zang66.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_b4b1.html

東京の浅草近辺にある初音小路。”昭和の飲食店”が集まる”東京DEEPスポット”として知られています。ここは第3話で相沢るり子(高畑淳子)が店頭で飲んでいたシーンで使われました。

住所:東京都台東区浅草2丁目付近

センター北シンボル広場(神奈川県横浜市)

センター北シンボル広場

出典:http://www.yakei-navi.com/yakei/yokohama/tsuduki_symbol/

横浜市営地下鉄センター北駅から徒歩1分の場所にある「センター北シンボル広場」。ここは第4話で夢乃(蒼井優)が子どもと話していたシーンで使われました。4月23日に撮影していた、という目撃情報もあります。

住所:神奈川県横浜市都筑区中川中央1丁目

モザイクモール港北・都筑阪急(神奈川県横浜市)

モザイクモール港北

出典:http://wikimapia.org/48901/ja/

横浜市営地下鉄センター北駅に直結している「モザイクモール港北・都筑阪急」。ここは第4話で夢乃(蒼井優)が子どもと観覧車に乗ったシーンで使われました。

住所:神奈川県横浜市都筑区中川中央1-31-1-2

 

ちなみにセンター北駅は春ドラマ『ようこそ、わが家へ』や『戦う!書店ガール』でもロケ地として使われました。『ようこそ、わが家へ』と『戦う!書店ガール』のロケ地情報は以下の記事を御覧ください。

<『ようこそ、わが家へ』ロケ地や撮影場所のまとめ!>

<『戦う!書店ガール』ロケ地の撮影場所まとめ!>

久留和海水浴場(神奈川県横須賀市)

久留和海水浴場

出典:http://www.m-beach.com/beach/akiya-kaigan/

三浦半島にある穴場の海水浴場として知られる久留和海水浴場。ここは第6話で堺雅人が蒼井優に会いに行ったシーンで使われました。


住所:神奈川県横須賀市秋谷

小池公園(東京都大田区)

小池公園

出典:http://nishimagome.jp/archives/744

東急池上線長原駅から徒歩10分程度の場所にある小池公園。ここは第6話で倫太郎(堺雅人)が犬と夢乃(蒼井優)を見つけたシーンで使われました。


住所:東京都大田区上池台1丁目36-1


ロケ地や撮影場所の情報は随時更新していきます。

<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

『Dr.倫太郎』の感想がおもしろいと賞賛されている3つの理由

『Dr.倫太郎』堺雅人がかっこいいと絶賛される4つの理由

『Dr.倫太郎』夢乃(蒼井優)は多重人格(解離性障害)か!?

『Dr.倫太郎』キャスト(堺雅人などの出演者)とあらすじを紹介

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ