『戦う!書店ガール』の感想がおもしろいと絶賛される3つの理由

 戦う書店ガール

 出典:fujitv

2015年の春ドラマ『戦う!書店ガール』が4月15日スタートで毎週水曜日に放送されます。ゴールデンタイムの連続テレビドラマ初主演となるAKB48の渡辺麻友と女優の稲森いずみのW主演で注目されていた同作は、視聴者から「おもしろい」といいう感想が相次いでいます。そこで今回は『戦う!書店ガール』の感想がおもしろいと絶賛されている3つの理由に迫りたいと思います。

スポンサードリンク

理由その1:渡辺麻友と稲森いずみのコンビがおもしろい

渡辺麻友 稲森いずみ

出典:http://yokokokon.com/newevl/?p=703

『戦う!書店ガール』は仕事に情熱を注ぎすぎたあまり婚期を逃し40代になってもいまだに未婚の副店長・西岡理子(稲森いずみ)と、自由奔放で天真爛漫な性格でありながらも、仕事や夢を追いかける書店員・北村亜紀(渡辺麻友)がぶつかり合いながらも、次第に分かり合いながら、仕事や恋愛に奮闘する姿を描いています。


仕事や恋愛でも自分の思ったことをストレートに伝える亜紀を演じる渡辺麻友の自由奔放さと、キャリアウーマンなのにプライベートはあまりうなくいかない稲森いずみ。”母親と娘”に近い年齢差があるにも関わらず、お互い本気でぶつかり合う姿がおもしろいと、女子から好評です。


稲森いずみがインタビューで次のように話している通り、息の合った渡辺麻友と稲森いずみの好演が人気の理由と言えるのではないでしょうか。

Comment

「お会いしたら何となく波長が似ている感じがして、自然と会話をしていました。」(出典:『戦う!書店ガール』公式ホームページ)

理由その2:書店員の千葉雄大がかわいい

千葉雄大

出典:http://otowota.com/

爽やかな笑顔と少年のようなかわいさをもつ癒し系フェイスで人気急上昇中の千葉雄大。『戦う!書店ガール』ではパーマにメガネ姿が知的な文学青年っぽくもあり、渡辺麻友に翻弄されながらも稲森いずみに特別な感情を抱く姿にファンから「かわいい」、「やばい」という声が相次いでいます。


少女漫画が原作の映画『アオハライド』で菊池冬馬を演じた際に「千葉雄大が菊池冬馬にしか見えなかった」と言われるほど、はまり役であったのと同じように、『戦う!書店ガール』での千葉雄大は書店にいそうな知的でかわいい”ヌクメン”姿がはまっている、と言えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

理由その3:共演者もすごい

伊野尾慧 鈴木ちなみ

出典:geitopi.com

人気の理由は渡辺麻友、稲森いずみ、千葉雄大だけでなく、共演者として出演している若手の俳優や女優も評価が高いことです。書店員の同僚である日下圭一郎を演じるのは、明治大学理工学部卒業という高学歴ながら”隠れイケメン”として人気が高いHey!Say!JUMPの伊野尾慧。コミック編集長には『クローズZERO』シリーズで話題を呼んだ俳優・大東俊介。彼らの出演も女性ファンにとって楽しめる要因になっているのではないでしょうか。


また、「東レキャンペーンガール」として有名な鈴木ちなみ。彼女のもつ抜群のスタイルから普段はセクシーさを売りにしてきましたが、”書店ガール”役としての愛らしい見た目に「かわいい」という声が続出。美男美女揃いの出演者で見ている人を飽きさせないことが、視聴者から「おもしろい」という感想に繋がっているのではないでしょうか。


大人気の千葉雄大をはじめ、人気の役者がそろったことで評価が高い『戦う!書店ガール』。今後のストーリー展開に期待です。

<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

『戦う!書店ガール』まゆゆ(渡辺麻友)の衣装まとめ!

千葉雄大が”かわいい男子・日本一”と絶賛されて大人気の3つの理由

『戦う!書店ガール』ロケ地の撮影場所まとめ!吉祥寺ジュンク堂など

『戦う!書店ガール』まゆゆ(渡辺麻友)の演技は下手か?上手か?

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ