【花燃ゆ】第16話の感想と視聴率から今後の評価を予想してみた

花燃ゆ

出典:hanamoyu

2015年の大河ドラマ『花燃ゆ』第16話が4月19日に放送されました。第15話の視聴率は9.8%とついに一桁台に突入するなど、厳しい状況が続いていました。


第16話「最後の食卓」では、久坂玄瑞(東出昌大)が京都から無事に戻りましたが、野山獄に捕らえられていた吉田寅次郎(伊勢谷友介)に江戸からの召喚状が届きました。


寅次郎は塾生を野山獄に集め、松浦(内野謙太)に肖像画を描かせるなど、臆することなく江戸で自らの想いを遂げようと心に決めます。江戸行きの前日だけ開放された寅次郎は杉家で最後の食事をとり、ついに江戸に搬送されてしまった、というストーリーでした。


第16話はどうだったのでしょうか。

スポンサードリンク

第16話の視聴率は10.7%まで回復

第15話で9.8%まで落ち込んだ視聴率は第16話で10.7%まで回復しました。これは、前回の放送が統一地方選の影響で19時台からの放送が響き視聴率ダウンとなりましたが、今回は通常通り20時からの放送となったため、本来の視聴率に戻った結果と考えられます。


ちなみに、昨年の『軍師官兵衛』第16話の視聴率が16.2%、一昨年の『八重の桜』第16話の視聴率が13.8%であったことから、近年の大河ドラマと比べると最も低い視聴率で推移する結果になりました。

内容が薄いわりには展開が遅くてくどいという批判が目立つ

今までは時代背景や志士の心の内面についての描写が少なく、またライトに描きすぎていることから薄っぺらな内容に見えるという批判が相次ぎましたが、今回はそれに加えてひとつのシーンを延々と引っ張る”くどさ”に呈しての批判も目立つようになりました。

Comment

「家族あっさりし過ぎて何の感情移入も出来ないヨ!文が寅にどこか遠くへと懇願する場面はよかったです。しかし、それもすぐ消える。」

「ブツ切り感、薄い、浅い、不自然、家族の愛情のところでこれはダメだよ~」

「うん、笑えた今回。江戸へ志を遂げに行く!とあれだけ息まいた久坂、あっさり帰って来てましたな。このドラマ上ではどんな設定で?
その久坂に「兄を元に戻す本を探して!」とすごい形相でいう文とか訳わかんない。」

「今日もあまり緊張感のないような内容で要するに松陰の処刑まで引っ張り過ぎてどうでもいいような事で45分を無駄遣いしてしまう。」

「せっかく井上真央さんが出た番組なので見ていましたが、内容がくどくて最近は見るのをやめました。最近の大河ドラマの中でも特段にくどくて嫌ですね。」
(yahooコメントから引用)

スポンサードリンク

井上真央、伊勢谷友介らの熱演に対する絶賛評価は目立つ

第16話の伊勢谷友介の熱演や、母とお風呂に入るシーン、そして井上真央の安定した演技については、高い評価がありました。『花燃ゆ』は、脚本やストーリーへの批判がある反面、役者は高い評価を得ている、というパターンになってきたのではないでしょうか。

Comment

「お風呂で松陰先生の背中を流してあげる母上様との会話シーン!良かったです!なんと揶揄されようとも、お話の内容以上にキャストの皆様すべての方々の魂の熱演に心打たれました…」

「松蔭が憑依しているんじゃないかと思う程の伊勢谷氏の熱演に引き込まれました。」

「吉田松陰の背中を流すシーンは、胸がいっぱいになってしまいました・・・。「親思う心にまさる親心 今日のおとづれ何と聞くらん」松陰の親へあてた、辞世の句です。素晴らしい言葉だと思います。」
(Yahooコメントから引用)

第16話の感想や視聴率から今後も10%前後を推移すると予想する

第16話は前回より視聴率は回復しましたが、20時台からの通常放送に戻ったことにより、相応の視聴率になっただけと言えます。『花燃ゆ』の今の評価を実直に表した視聴率と言えるでしょう。第16話の感想でも劇的な回復傾向にはなかったため、今後も低空飛行を続けると予想します。


ついに次回の第17話は吉田松陰が安政の大獄で処刑に至るストーリーとなるため、言わば”前半戦の山場”であり最も盛り上がる回になるはず。しかし、視聴率も視聴者の反応も大きな盛り上がりを見せているとは言えず、吉田松陰の死後、さらに落ち込む可能性を秘めています。


安政の大獄以降は久坂玄瑞、高杉晋作らがついに台頭してくる時代となりますが、今のところは凡人として描いている久坂玄瑞ら長州藩の志士たちを、今後どのように描いて盛り上げていくかが、今後の浮沈の鍵を握っている、と言えるのではないでしょうか。


<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

【花燃ゆ】第17話の感想と視聴率から今後の評価を予想してみた

【花燃ゆ】第15話の感想と視聴率から今後の評価を予想してみた

『花燃ゆ』がつまらないと酷評の感想が多く視聴率も低い5つの理由

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ