『リスクの神様』森田剛の演技力!舞台で絶賛の類まれな才能とは?

森田剛

出典:newbo

2015年7月スタートの夏ドラマ『リスクの神様』。堤真一、戸田恵梨香、森田剛、山口紗弥加、吉田鋼太郎、小日向文世ら名だたる演技派俳優が集結したドラマとして注目を集めていました。


その中でも2012年の『平清盛』以来となる連続テレビドラマ出演の森田剛の「演技が上手」と話題になっています。


そこで今回は『リスクの神様』に出演する森田剛の演技力を過去に舞台で関わった巨匠、共演者などの声を見ていきながら、その類まれなる才能について見ていきます。

スポンサードリンク

2007年以降は舞台を中心に活動していた森田剛

森田剛

出典:http://ameblo.jp/takemurasaki/entry-11788761295.html

ジャニーズグループ・V6のメンバーとして絶大なる人気を誇っていた森田剛。


1995年のスペシャルドラマ『ミラクル高校生』で初の主演を務めたあとは、『ザ・シェフ』や『ひとつ屋根の下2』など数々のドラマに出演。2000年には『月下の棋士』でゴールデン枠の連続テレビドラマで主役を演じるまでになりました。


その後も『ランチの女王』などコンスタントにドラマ出演してきましたが、2006年から2007年に放送された『喰いタン』シリーズ以降はテレビドラマへの出演が激減。


同じV6でドラマや映画で活躍している岡田准一の影に隠れ「干された」と噂された時期もありましたが、2008年頃から舞台に活躍の場を移して活動してきました。


2011年の舞台『金閣寺』、2013年の『祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜』や『鉈切り丸』、そして2014年の『夜中に犬に起こった奇妙な事件』で主演をつとめ、その演技力に磨きをかけてきたと言われています。

舞台『血は立ったまま眠っている』蜷川幸雄氏 の評価

血は立ったまま眠っている

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/0630runanikukyu/diary/201002080001/

演出家、映画監督、そして俳優としても著名な蜷川幸雄氏。東山紀之から「すごくナイーブで俳優としては抜群」との推薦を受けて森田剛は蜷川氏の舞台『血は立ったまま眠っている』に出演することになりました。


出演後に森田剛は蜷川氏から次のような評価を受けています。

蜷川幸雄

出典:http://www.webdice.jp/dice/detail/2394/

Comment

「狙いを定めてオフォーを出したのは正解だった。ピュアで真面目で芯がしっかりしていて、せりふや声のコントロールもうまい」(出典:シアターガイド)

「森田君の武器は疎外感だね。世間との疎外感を体の中に持っていること。この現実社会の中に自分の居場所がない。あるフリをしても体が正直に「居場所がない」と言ってしまっている。それはすごく得難いキャラクターです。」(出典:twitter)

「世の中の機嫌をとって、気に入られようと順応していく若者はたくさんいます。そっちのほうが楽だからね。でも森田君は、ある状況における疎外感を肉体レベルで持っていて、それが”10代の反抗”のように一時的なものでなく、いくつになっても失せないところが貴重なんだ。」(出典:twitter)


それに対し森田剛は蜷川氏について次のように語っていました。

Comment

「蜷川さんは怖いと聞いていたけど、実際はそんなことなくて、稽古場には活気と蜷川さんの愛がありました。最初は45点!と言われたこともあったけど、昨日ようやく90点をいただいて(笑)。良の真っすぐでキラキラしたところを大切にしながら思い切り演じたい。」(出典:シアターガイド)


役柄を大切にしてその世界観を丁寧に演じる森田剛の役者としてのこだわりが垣間見える発言と言えるでしょう。

舞台『金閣寺』宮本亜門氏の評価

金閣寺,森田剛

出典:http://emimaoyuna.exblog.jp/15307078

『血は立ったまま眠っている』を見た演出家・宮本亜門氏は『金閣寺』の主演・溝口役として森田剛を抜擢。


2011年7月にはニューヨークで開催された「リンカーンセンター・フェスティバル」でも高い評価を得た同作。森田剛は役作りのために坊主にするほどの覚悟を見せて挑みました。


宮本亜門も森田剛の演技における才能を次のように語っています。

宮本亜門

出典:http://hachigen.com/3010.html

Comment

「 役者として、すごいという噂を聞いていたし、舞台も見ていたけど、いい役者だよね。芯があって、何か違うと思ったら全部意見言うし、すごい楽しかった」(出典:Walker+)

「彼には人にどう見られるかとか、人にどう見せたいかとか、そういうのがない。それは最も必要なことで、彼は本当に舞台で存在している」(出典:シネマトゥデイ)


宮本亜門は森田剛の才能を「世界に通用する才能」と絶賛評価。さらにこの舞台で共演した高岡蒼佑も森田剛と共演する素晴らしを語っていました。

Comment

「とにかく森田剛という役者の目の前にいるのは、本当にスリリングで、僕はそのためにやりたい。」(出典:シネマトゥデイ)


スポンサードリンク

舞台『鉈切り丸』で共演陣、ジャニーズ俳優、著名人からの絶賛評価が相次ぐ

2013年の舞台『鉈切り丸』で源範頼役として主演をつとめた森田剛。ここでは共演した俳優陣、ジャニーズのタレント陣、そして観劇した著名人から賞賛する声が相次ぎました。

その1:生瀬勝久

生瀬勝久

出典:https://twitter.com/ydr_122/status/609286451109310464?lang=ja

Comment

「剛君が本当に手を抜かず力を抜かずやっているので、剛君の背中を見てみんな頑張れるんです。シャイなので、言葉には出しませんが、舞台で動くことでみんなを引っ張っているんですよ。」(出典:TV LIFE)

その2:渡辺いっけい

渡辺いっけい

出典:http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201101060002

Comment

「もう覚悟が違うというか、肝が据わっているというか。それは主役さんとして大事なことなんですよね。」(出典:Theatrix)

その3:岡田准一(V6)

岡田准一

出典:http://matome.naver.jp/odai/2142124388071892101

Comment

「『鉈切り丸』は、事務所から所属タレントみんなに「いい芝居だから勉強のために見に行きなさい」って指令が出たんだよ。ジャニーズ初じゃない?」(出典:V6会報ComingCentury対談)


この指令が出たことで、嵐・二宮和也、生田斗真をはじめ多数のジャニーズ所属のタレントが観劇に訪れたと言われています。

その4:田辺誠一

田辺誠一

出典:http://matome.naver.jp/odai/2141406862588238201/2141407378893354503

 

森田剛の演技力についてファンや視聴者からの声もすごい

森田剛

出典:http://apasson.com/archives/3528

2013年には「森田剛の才能はこの数年で凄みさえ感じるほどの輝きを増してきた」として「演劇ぶっく」における2013年えんぶチャート俳優部門で上川隆也、阿部サダヲらを抑え、堂々の第1位を獲得。


そんな森田剛の演技力についてファンからも絶賛する声が相次いでいます。


舞台での森田剛の演技力をテレビでどこまで表現できるのか、それはテレビ製作側の編集や演出の仕方もあるため未知数ではありますが、『リスクの神様』での演技を期待する声が目立ちました。

森田剛の演技における飽くなきこだわりとは?

森田剛

出典:http://matome.naver.jp/odai/2125930911972458600/2125930974099174400

今や”舞台俳優”として確固たる地位と名声を築き、凄みさえ感じられる森田剛。自分がもっとも生きる場所は舞台であるといい、その魅力について語っています。

Comment

「今は、普段の生活なんてどうでもいいぐらい全部を注ぎ込めている。一番見てほしい自分がいるのが舞台。すごく幸せです。」(出典:読売新聞夕刊(2013年10月23日))

「舞台の作り方は自分に合っている。一つの役を長い間考えていられるし。今日はこんな風に試してみよう、という欲も出せて、舞台は楽しい。毎日同じことをやっている、という感覚は全くないです。」(出典:産経ニュース)


また、森田剛は30代半ばになり、自分自身についての心境の変化について、こう話していました。

Comment

「今の僕って、どんどん自分がなくなってきてるんです。それは悪い意味ではなくて”我”っていう意味での自分がなくなってきていて…。34年生きてきて、今の僕がそういう時期なんだと思うんだけど、以前なら突っぱねていたこともまずは1回、受け入れてみようって思うようになって。」(出典:twitter)


がむしゃらに走ってきた20代から30代前半。その才能を賞賛する声がある一方で辛く苦しい思いもしてきた経験から、彼が少しづつ”大人の俳優”へと進化している、と言えるのではないでしょうか。

最後に

10代から20代半ばまでは”アイドル”として歌にドラマにバラエティで活躍してきた森田剛。20代後半からは”舞台俳優”としてその才能が一気に開花しました。


今後は舞台で活躍しながらも、その実力をドラマや映画でも見せてくれるでしょう。『リスクの神様』においても彼の圧倒的な存在感や鬼気迫る演技に注目です。


そして、“本物の森田剛”の演技を見るためには、一度舞台に足を運んでみることをおすすめします。そこにはバラエティ番組などでは見れない森田剛の凄まじさがわかることでしょう。

<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

『リスクの神様』戸田恵梨香の演技力を感想から検証した

『リスクの神様』ロケ地や撮影場所まとめ!堤真一、戸田恵梨香、森田剛ら目撃情報

『リスクの神様』の感想が面白いと絶賛評価されている5つの理由

堤真一の映画でおすすめのファンが選んだ演技力抜群の作品5選

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ