『ど根性ガエル』松山ケンイチの演技力の感想がスゴいと話題騒然!

松山ケンイチ

出典:goo

2015年7月スタートの夏ドラマ『ど根性ガエル』。約40年ほど前の大ヒットマンガを原作として、松山ケンイチ、前田敦子、薬師丸ひろ子らが出演することで注目を集めました。


その中でも主演のひろし役を演じる松山ケンイチの演技が上手すぎると話題です。そこで今回は『ど根性ガエル』に出演している松山ケンイチの演技力について、過去の代表作や『ど根性ガエル』の感想から検証してみました。

スポンサードリンク

映画『デスノート』(2006年)

松山ケンイチ,デスノート

出典:https://twitter.com/snsj2414/status/626360479179378688?lang=ja

2015年の夏ドラマで窪田正孝と山崎賢人、佐野ひなこらが出演していることでも話題の『デスノート』。2006年に夜神月(ライト)を藤原竜也、Lを松山ケンイチ、弥 海砂(ミサミサ)を戸田恵梨香が演じた映画として放映されました。


ともに天才的な頭脳をもつライトとLの間で繰り広げられる心理戦が素晴らしい作品で、松山ケンイチは色白で不気味な雰囲気をもつL役を見事に演じ切りました。


映画『デスノート』での松山ケンイチに対しての感想はどうだったのでしょうか。


映画版『デスノート』に出演した藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香の演技力がすごすぎて、ドラマ版がどうしても霞んで見えてしまうという意見も多いほど、大きなインパクトを残しました。

ドラマ『銭ゲバ』(2009年)

松山ケンイチ,銭ゲバ

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/pezpez1975/50066470.html

ジョージ秋山の1970年台に発表した漫画を原作としたドラマでお金のためなら何でもすることで経済的な成功と名誉をつかむ蒲郡風太郎の波瀾万丈の物語。


松山ケンイチが主演、ミムラ、宮川大輔、石橋杏奈らが出演したことで話題となりました。リーマン・ショックや派遣切りなどの2009年当時の世相を反映させた作品、松山ケンイチの演技に関する評価を見ていきます。

 


『銭ゲバ』で演じたラストシーンが絶賛されるなど、癖のある役柄でその才能をいかんなく発揮したと言えるでしょう。

映画『ノルウェイの森』(2010年)

ノルウェイの森,松山ケンイチ,水原希子

出典:https://twitter.com/haaanatag/status/566918100658831360?lang=ja

小説家・村上春樹を世に知らしめた代表作の一つとして累計発行部数1,000万部を超える記録的なヒット作品。”愛”や”生きる”という壮大なテーマを深く考えさせられる傑作としてあまりにも有名です。


松山ケンイチは主人公のワタナベトオルを演じ、直子(菊地凛子)や緑(水原希子)との切ないほどのラブストーリーと、その繊細な世界観を体現しました。

 

この作品においての視聴者の感想はどうでしょうか。

 


『デスノート』や『銭ゲバ』とは違い、繊細な心情や美しい世界観を表現する演技力についても、絶賛の声が目立ちました。

大河ドラマ『平清盛』(2012年)

松山ケンイチ,平清盛

出典:http://jeciwai.exblog.jp/14374449/

戦国時代と幕末が鉄板の大河ドラマにおいて、あまり扱われない平安時代を題材とした挑戦的な作品。1972年の『新・平家物語』以来、40年ぶりとなる平清盛の生涯を描いた大河ドラマにおいて、松山ケンイチが主役に抜擢されました。


平均視聴率は過去最低の12.0%で、一桁台も記録するなど不名誉な記録となった『平清盛』ですが、松山ケンイチは第67回日本放送映画藝術大賞の最優秀主演男優賞を受賞するなど、高い評価を獲得しています。

 


若かりし頃から晩年の老人まですべてを完璧に演じきった松山ケンイチ。『平清盛』でも際立っていたという評価が目立ちました。

『ど根性ガエル』の演技の評価は?

ど根性ガエル,松山ケンイチ

出典:http://news.walkerplus.com/article/61594/image343108.html

『ど根性ガエル』では単純でわかりやすい性格ながらも、根は心優しいひろし役を演じており、「根性、根性、ど根性!」と素晴らしい声優ぶりを見せる満島ひかりとのコンビが抜群です。


1970年台に発表された原作のように全体的に昭和の下町的な雰囲気を漂わせながら、現代にアレンジさせた物語の世界観を表現していると言えるのではないでしょうか。


『ど根性ガエル』での松山ケンイチの演技が凄いと話題になっていますが、その声を見ていきます。

 


期待していたより面白いと話題の『ど根性ガエル』。ひろし役が松山ケンイチだからこその評価と言えるでしょう。

スポンサードリンク

業界の大物からも絶賛評価の松山ケンイチ

これまで出演した作品でいずれも視聴者から高い評価を獲得している松山ケンイチ。彼を採用した監督や共演した役者からも、その才能について絶賛されてきました。

角川春樹

角川春樹

出典:http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=518

角川書店の経営と角川映画で1970年台から1990年台ころまで一世を風靡した実業家。俳人としても活躍し、現在は角川春樹事務所の会長兼社長。


Comment

「薬師丸ひろ子や原田知世を発見したときより震えた」(出典:wikipedia)

浅丘ルリ子

浅丘ルリ子

出典:http://jisin.jp/performer_list?performer_name=浅丘ルリ子

1968年にゴールデン・アロー大賞を受賞し、『赤いハンカチ』や『男はつらいよ』シリーズなどで活躍した昭和を代表する女優。

Comment

「礼儀正しくて、とてもすてきな青年。普段は(出身地・青森の)津軽弁が出たりするんですけど、いざカメラの前に立つと本当におかしな、変な芝居をする人なんですよ。将来が楽しみだわ」(出典:産経新聞ENAK)

ジョニー・グリーンウッド(英国ロックバンド「レディオヘッド」のギタリスト)

ジョニー・グリーンウッド

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/planettelex2009/folder/833020.html?m=lc&sv=jonny&sk=0

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第73位に選ばれたロックバンド「レディオヘッド」。松山ケンイチが主演した映画『ノルウェイの森』の音楽を担当していたことでも知られています。


そのギタリスト・ジョニー・グリーンウッドは『ノルウェイの森』における松山ケンイチの演技を次のように絶賛していました。


Comment

「ワタナベ役は演じるのが難しかったはず。映画で思慮深い役柄を見ていると、つまらなくなりがちだけど、彼(松山ケンイチ)はあの難しい役を見事に演じていて、あの演技力にはとにかく感心したよ! 彼はとにかく完ぺきだった」(出典:シネマトゥデイ)

前田哲監督

 

前田哲

出典:http://eigageijutsu.com/article/109364856.html

2007年に放映された映画『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』。松山ケンイチを主演に起用した前田哲監督は松山ケンイチについて次のように語っています。


Comment

 

「ぶっきらぼうだし、率直だから、誤解されることもある。自分からどんどんアイデアを出したりもするから、面倒だと思う人もいる。本当は感じたこと、思ったことを、正直に、一生懸命に、役のことを考えたうえで言っている。」

「ケンイチ君は稀な俳優。両面を持っているから。陽と陰の両方を。そういう人はあまりいない。大胆で繊細。天使のような悪魔、いや、悪魔のような天使か。 」
(出典:感じる存在感)

最後に

松山ケンイチ

出典:topicks

クセのある変人、繊細なラブストーリー、そしてコメディタッチの役柄まで、どの作品においてもその世界観を体現してきた松山ケンイチ。


”日本のジョニー・デップ”と評される彼は、すでに現代を代表する俳優と言っても過言ではないでしょう。『ど根性ガエル』でも今後の傑出した演技に注目です。

<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

『ど根性ガエル』ロケ地や撮影場所のまとめ!松山ケンイチら目撃情報

『ど根性ガエル』の感想がおもしろいと絶賛される3つの理由

『ど根性ガエル』満島ひかりが上手いと声優の才能にも絶賛の嵐!

『ど根性ガエル』前田敦子の演技は下手なのか?上達したのか?

『ど根性ガエル』前田敦子の衣装まとめ!ネックレスやスカートなど

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ