『HEAT』稲垣吾郎の演技力をドラマの感想から検証した

稲垣吾郎

出典:twitter

2015年7月7日スタートの夏ドラマ『HEAT』。連続テレビドラマ初となる”消防団”を題材にしたテーマで、EXILEのAKIRA、栗山千明、SMAPの稲垣吾郎、佐藤隆太、工藤阿須加、菜々緒ら注目の役者が多数出演することで話題を集めていました。


その中でも不動産会社「クローバー都市開発」の社長・日比野仁役をつとめる稲垣吾郎の演技力が話題になっています。


かつて稲垣吾郎は視聴者から「演技が上手」、「演技が下手」と相反する評価があったのも事実。そこで今回は『HEAT』に出演する稲垣吾郎の演技力について、過去の代表作における感想や『HEAT』の声をもとに、彼の演技力について検証していきます。

スポンサードリンク

ドラマ『Mの悲劇』(2005年)

稲垣吾郎,Mの悲劇

出典:http://blog.livedoor.jp/wesh1985/archives/cat_858260.html

順風満帆な主人公が謎の女性によって追い込まれていくサスペンスタッチなストーリー。稲垣吾郎は主演として出演。生真面目で慎重な性格で主人公の安藤衛役を演じました。


長谷川京子がヒロイン、成宮寛貴、佐々木蔵之介らも出演したことで注目された同作における視聴者の感想はどうだったのでしょうか。

 


徐々に追い詰められていく主人公の恐怖や心理描写を見事に演じていた稲垣吾郎に対する絶賛評価が相次ぎました。

ドラマ『流れ星』(2010年)

稲垣吾郎

出典:http://s1229.photobucket.com/user/withsubsplease/media/Nagareboshi/nagareboshifinal/nagareboshie10-018.png.html

竹野内豊主演、上戸彩ヒロインとしてさまざまな困難を乗り越えながら結ばれていく男女を描いたラブストーリー。稲垣吾郎は上戸彩の兄として妹を利用する卑劣な槇原修一役として出演しました。


かなりの”悪役”を演じた稲垣吾郎に対しての評価はどうだったのでしょうか?

 


『流れ星』の稲垣吾郎に「ムカつく」と嫌悪感を示す声も目立つほど、ヒールの槇原修一役になりきっていたといえます。これはある意味”絶賛評価”と言えるでしょう。

ドラマ『心療中-in the Room-』(2013年)

稲垣吾郎

出典:http://itsmiss-gabriela.blogspot.jp/2013/02/in-room-shinryochu-ep-3-english.html

稲垣吾郎が主人公のスクールカウンセラーとして生徒や教師の悩みなどを解き明かしていくドラマ。カウンセリングルームだけで物語が進行していくワンシチュエーションドラマとして注目を集めました。


稲垣吾郎をはじめ高田翔、千賀健永、田中樹などジャニーズグループのタレントも出演したこのドラマに対する評価を見ていきます。

 


稲垣吾郎の「眼で物語る演技」が素晴らしいという絶賛評価が相次ぎました。

ドラマ『福家警部補の挨拶』(2014年)

稲垣吾郎

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Orri2d6e8-M

大倉崇裕の小説を原作として檀れい主演でドラマ化されました。刑事ものシリーズとして高い評価を獲得しているこの作品で稲垣吾郎は檀れいの上司役である冷静沈着で真面目な石松 和夫役を演じています。


クールな役柄は稲垣吾郎の得意分野とも言えるこのドラマにおける感想はどうだったのでしょうか。

 


冷徹な視線が素晴らしく他の誰にも真似できないレベルであったという声が目立ちました。

ドラマ『HEAT』の稲垣吾郎に対する声とは?

稲垣吾郎

出典:https://twitter.com/JoKm_111/status/613980663268573185?lang=ja

夏ドラマ『HEAT』で稲垣吾郎が演じる役は凄腕の経営者として結果を残せない者は容赦なく切り捨てる冷徹な性格ながら、バラの花を社長室内で育てる一風変わった一面も持つ役柄。


”クセのある”役柄を演じるに際し、稲垣吾郎は次のように話していました。


Comment

「社長やクセの多い役は過去にもありましたが、それを期待してくださって今回の役をいただけたのは光栄です。ただ、想像通りだと面白くないと思いますので、今までにない新しさを表現して、視聴者の皆様に楽しんでいただければと思っています。」(出典:ORICON STYLE)


自分への期待値を理解しているだけでなく、新しさもプラスしていく役者としてのチャレンジ精神に満ち溢れた稲垣吾郎。


『HEAT』出演に際し、視聴者やファンから「楽しみ」と期待する声が相次ぎました。

 

稲垣吾郎の魅力は悪役になりきれる演技力

稲垣吾郎

出典:http://yukuo56.blog.so-net.ne.jp/2011-07-14-1

SMAPの中では比較的穏やかな性格でやや天然という印象がある稲垣吾郎。かつてはアイドルとして”ラブストーリー”などもこなしてきましたが、現在のような「演技が上手い」という評価になったのはやはり”クールな悪役”を演じるようになってからです。


2010年の映画『十三人の刺客』で三池崇史監督から絶賛評価を受け、同年放送の『流れ星』でも見事に悪役を演じきった稲垣吾郎。彼の最大の魅力は”眼の演技”を駆使して見ている人に嫌悪感を与えるほどの「悪役になりきれる」というところにあるのではないでしょうか。


SMAPという”アイドル”として活躍している以上、イメージの問題もありなかなか”完全な悪役”や”完全な変わり者役”にはなりきれないのが人というもの。しかし、今までの自分のイメージやアイドルとしてのイメージも覆し、悪役でも良役でもその役柄になりきれる”強さ”を持っていることが稲垣吾郎の最大の魅力と言えるでしょう。

最後に

『HEAT』でも確かな存在感と見事な演技を見せている稲垣吾郎。このドラマではさらに新しさも追求していく姿勢が何よりも素晴らしく、今後も役者としてさらなる成長を見せていくことが期待できそうですね。

<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

『HEAT』ロケ地や撮影場所のまとめ!AKIRAや稲垣吾郎の目撃情報など

『HEAT』感想がつまらない、面白くないと酷評される3つの理由

『HEAT』AKIRAの演技は下手?ドラマの感想から検証した

『HEAT』小芝風花(渡会いずみ役)がかわいいと話題騒然!

『HEAT』菜々緒の衣装まとめ!バッグや洋服などのブランドは?

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ