有村架純のメイクで目元がかわいいナチュラルなアイメイクの方法

有村架純

出典:twitter

大人気の女優・有村架純。2015年は春ドラマ『ようこそ、わが家へ』、『永遠のぼくら』、映画『ビリギャル』など映画やドラマで大活躍しています。


そんな有村架純は女子からも男子からもかわいいと大人気。「有村架純みたいなメイクにしたい!」そう考える女子も少なくないはず。


そこで今回は、有村架純が有村架純のかわいい目を作るためのアイメイクのやり方を紹介していきます。

スポンサードリンク

有村架純の目を作るアイメイクの特徴

有村架純

出典:https://twitter.com/ArimuraKasumiCh/status/599588474841272320?lang=ja

有村架純といえばやはりかわいい目元にありますね。ナチュラルで守ってあげたくなるようなキラキラしたウサギのような目が印象的。


有村架純のアイメイクの特徴は大きく2つあります。

その1:大きくてぱっちりとした瞳に二重まぶた

有村架純

出典:https://twitter.com/ArimuraKasumiCh/status/597977343567736834?lang=ja

女子からも支持が高い有村架純のぱっちりとした瞳。また、美人顔の必須とも言われている二重まぶたも印象的です。

その2:ふっくらとした涙袋

有村架純

出典:https://twitter.com/kasumiattubasa/status/604215712043769856?lang=ja

ふっくらとした有村架純の涙袋。優しげでタレ目がちな印象がウサギ顔のポイントです。

有村架純のアイメイクの方法

ここから有村架純のアイメイクのやり方を「アイシャドウ」、「アイライン」、「まつ毛」の簡単3ステップで紹介していきます。

スポンサードリンク

その1:丸みを意識したアイシャドウ

アイメイク

出典:http://ameblo.jp/erimakeup/entry-11759603082.html

丸みを意識したかわいいタレ目がちな目になるようなシャドウラインがポイント。


ピンクのアイシャドウを涙袋になじませてから、薄いブラウン系のシャドウで影を。その後に筆で涙袋のラインを描いてから、綿棒でぼかしていきましょう。


その後に涙袋ライナーで目頭から黒目の外側までハイライトカラーをオン。有村架純風アイシャドウはナチュラルにするのが基本。

その2:ナチュラルなアイライン

アイメイク

出典:https://locari.jp/posts/1948

アイラインは黒のクリームアイペンシルでインサイドのみに引いていきましょう。有村架純のアイメイクでは下のアイラインは引きません。


まつげのすき間を埋めるようにラインを引いていくことで、まるですっぴんのようにナチュラルかつ引き締まった目元を作ることができます。

その3:目元を強調するマスカラ

マスカラ

出典:http://mery.jp/27905

下のアイラインを引かない代わりにマスカラを使って目元を強調。アイシャドウと同じように黒目の上を重点的につけることで、丸みのある目元に。


つけまつ毛をつける場合は、タレ目を意識するように目尻に寄せてつけていきましょう。

二重にするには

有村架純

出典:https://twitter.com/ArimuraKasumiCh/status/603195329752735744?lang=ja

有村架純顔になるには、二重は必須ポイント。以前は二重にするためにアイプチやアイテープが使われていましたが、最近では二重器具を使う方も増えていますね。


でも、二重器具をうまく使いこなせない方は、二重に見せるプチプラスコスメが主流。


下の画像のようにメイクに陰影をつけるだけで、自然な二重に見せることができますよ。

アイメイク

出典:http://matome.naver.jp/odai/2140921276110899701?page=2

最後に

ここまで有村架純のアイメイクのポイントを紹介してきました。有村架純は『ストロボエッジ』のようなヒロインや『ようこそ、わが家へ』の妹役、『ビリギャル』のような役まで幅広くこなせる演技の幅とどれもかわいいのが魅力的。


あなたも有村架純のようなモテ顔メイクに挑戦してみてはいかがでしょうか。

<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

小顔効果バツグン!波瑠のメイクでナチュラルな太眉毛の作り方

有村架純の髪型『ミディアム』前髪セットのやり方とオーダー方法

有村架純『A-studio』に登場!親友もかわいいと話題騒然!

『ようこそ、わが家へ』で有村架純が着ている衣装のまとめ

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ