『恋仲』感想が面白いと絶賛され”キュンキュン”する5つの理由

恋仲

出典:twitter

2015年7月スタートの夏ドラマ『恋仲』。福士蒼汰や本田翼、野村周平、大原櫻子ら人気若手俳優が数多く出演する王道のラブストーリーということで放送開始前から大きな注目を集めていました。


視聴率については第1話が9.8%と月9史上最低の数字でスタート。第2話が9.9%、そして第3話でようやく2桁台に突入するなど厳しい状況が続いていますが、視聴者からは「おもしろい」という感想が相次ぎました。


そこで今回は夏ドラマ『恋仲』が面白いと感想が多く、視聴率が低くても絶賛されている理由について見ていきます。

スポンサードリンク

その1:恋の三角関係にキュンキュンする

恋仲

出典:https://twitter.com/sexzonlove/status/627154469730390016?lang=ja

『恋仲』は福士蒼汰が演じる三浦葵、本田翼が演じる芹沢あかり、そして野村周平が演じる蒼井翔太の”恋の三角関係”が見どころの一つ。


初恋相手であり互いを想い合っていた葵とあかり、その間に割って入った翔太。7年ぶりに再会し、葵とあかりは最も理解し合える仲であり、本能レベルで惹かれ合う仲であることを薄々気づいていながらも、なかなか素直になれない二人。密かに葵にライバル心を燃やす翔太。


そんな3人の恋模様に見ているだけで胸がキュンキュンしてしまうという感想が目立ちました。

 

その2:あかり(本田翼)の選択が気になる

恋仲

出典:https://twitter.com/sexzonlove/status/627154469730390016?lang=ja

「お金をとるか?愛をとるか?」、「将来性か?優しさか?」、「外見か?中身か?」女子の恋愛や結婚において”永遠のテーマ”とも言えるのではないでしょうか。


将来有望な医者で仕事もプライベートもスマートな翔太。対して仕事もプライベートもどこか不器用だけれど、誰よりも心を許せる相手であり心優しい葵。


「もし自分があかりだったら、葵と翔太のどちらを選ぶか?」そんなことを想像しながら見たり、友達とワイワイ議論しながら視聴できるところも魅力の一つ。


「わたしは葵推し」、「自分は翔太派」と思いながらも、あかりの選択を気にしながら見ていることが面白いという意見も数多くありました。

 

3.翔太(野村周平)の最低具合が凄い

恋仲,本田翼,野村周平

出典:https://twitter.com/030Club/status/630543493463552000?lang=ja

キレイ事ばかりでは上手くいかないのが世の常。それは恋愛においても同じです。『恋仲』を面白くしている要因の1つとして挙げられるのが「野村周平が演じる蒼井翔太のクズさ加減」。


高校時代にあかりと葵が想い合っていることを知っていた翔太。あかりを自分のものにしようとあかりが葵に残した手紙を奪い、1年後の夏にあかりに会いに行ったであろう翔太。さらにその事実を葵にもあかりにも告げずなかった翔太。


弱肉強食の世の中において情報戦に勝利した翔太。素朴で脇の甘い葵を追いやり、あかりを手に入れた翔太はまさしく”勝者”と言えるのかもしれません。しかし、”正々堂々と戦う”という意味では最低であり、「クズすぎる」という声も相次ぎました。


『恋仲』はどこまでもキレイなトレンディドラマではなく、きっちりと”イケメンの仮面をかぶったクズ野郎”を登場させていることが面白くする理由なのではないでしょうか。


もし自分があかりだったら、「最低なことをして自分を騙した翔太のことを嫌い」と思うのか、「最低なことをしてでも自分と付き合いたい、そこまで自分のことを想ってくれていたことが嬉しい」と思うのか、意見が分かれるところですね。

 


スポンサードリンク

その4:キャストが素晴らしい

恋仲

出典:https://twitter.com/anata_sinnjite/status/630574348986748928?lang=ja

モデルとして大人気で『恋仲』でも明るく少し男勝りな性格がかわいい本田翼。素朴で優しげで可愛い福士蒼汰、そしてクールでシャープ、かつ演技力も抜群の野村周平。『恋仲』のメインキャストであるあかりと葵と翔太の3人を演じる3人が「かわいい」、「かっこいい」と大人気です。


そして”準メイン”とも言える大原櫻子、市川由衣、大友花恋、新川優愛らも可愛いと絶賛評価が相次ぎ、とくに髪型もファッションも演技もかわいいと人気の大原櫻子は男子からも女子からも高い支持を得ています。


さらにお調子者でいい味を出している金沢公平役の太賀、ベテランの吉田羊や小林薫など脇を固める俳優も手堅い演技を見せていました。


ドラマにおいてキャストのクオリティはやはり重要です。見た目のカッコよさや可愛さ、そして演技に至るまで「羨ましい」、「真似したい」と思えるキャスト陣が揃っていると言えるでしょう。

 

その5:恋をしたくなる

恋仲

出典:https://twitter.com/sota_aya_530/status/627115985640759296?lang=ja

『恋仲』は切ないほどに繊細なラブストーリーが丁寧に描かれています。あかりと葵と翔太の3人の想いが交錯しながら、いろいろなことがあって一喜一憂し、心がくっついたり離れたりを繰り返していきます。


しかし、後から振り返ってみれば「いろいろあったけど、とても素敵な恋愛だった」と思えるでしょう。


「いつまでも心に残るような素敵な恋愛」こそが”輝かしい青春の1コマ”になるのは昔も今も変わりません。ましてや幼なじみと恋仲になるのはそう多くあることではありません。『恋仲』を見て「青春したい」、「恋愛がしたい」そう思った女子や男子は多いのではないでしょうか。

 

最後に

放送前は放送当初は酷評の評価もありましたが、すこしづつ評価を上げてきた『恋仲』。視聴率も右肩上がりに伸びており、製作陣もひとまず安心しているでしょう。


今後の恋愛模様や気になる結末をドキドキしながら視聴したいものですね。

<この記事もおすすめ>

『恋仲』は何位?夏ドラマ2015の評価&感想ランキングベスト15を発表!

<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

なぜ『恋仲』の放送当初はつまらない、面白くないと酷評されていたのか?

『恋仲』の野村周平は演技が上手いのか?ドラマの感想から検証してみた

『恋仲』福士蒼汰の演技は下手なのか?ドラマの感想から演技力を検証した

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ