私の何がイケないの..立花理佐が離婚危機?朝帰り妻と夫のすれ違い

立花理佐

出典:tsunebo

1980年代に『毎度おさわがせします』やデビュー曲『疑問』、『刹那主義』、で一世を風靡したアイドル立花理佐。2000年に元モデルの松永信之と結婚し、2004年に長男を出産。現在は主に舞台などで女優として活躍しています。そんな立花理佐が2015年1月26日放送の『私の何がイケないの?』に出演し、最近は朝帰り妻に豹変し、夫とのすれ違いの日々を送っている様子を告白します。

スポンサードリンク

立花理佐は以前にも『私の何がイケないの?」に夫と出演していた

立花理佐は2013年11月11日放送の『私の何がイケないの?』に夫の松永信之とともに出演しています。この当時は2人仲睦まじい様子で松永信之が営む蕎麦屋が大変人気であることなど、夫婦仲は順調な様子が伺えました。

立花理佐

出典:ameblo

立花理佐と夫の出会いから結婚まで

立花理佐と夫との出会いは21歳の誕生日会。彼女の友人が誕生日会に松永信之を連れてきたことが始まりです。その時、立花は松永に一目惚れ。その後彼女から猛アプローチを続けた結果、1年後に交際がスタートします。

立花理佐

出典:lastfm

2人の交際は順調に続きます。7年後に立花の母が癌で入院した際に一緒に大阪までお見舞いに行き、松永は立花の母に「お母さん、結婚していいですか?」と結婚の意志を伝え、2000年に結婚しました。

夫が経営する蕎麦屋「松永」

手打蕎麦 松永

出典:press.jpn

夫・松永信之は独学で手打ちそばを勉強し、2002年に手打蕎麦「松永」を開業。蕎麦の本場長野県から取り寄せたそば粉を使ったこだわりの味で、現在では開店からわずか3時間で完売するほど大人気。

手打蕎麦松永食べログページ

ハワイ大使の立花理佐。ハワイに詳しくないことを『有吉反省会』で暴露

ハワイ通の芸能人がオシャレであることに憧れていた立花理佐は、ハワイ好きと称しフラダンス教室に通ったり、ウクレレバンドを結成。その甲斐あって「癒しのハワイ大使」に就任します。

立花理佐

出典:anoima

しかし、『有吉反省会』でハワイ大使に就任しているにもかかわらず、ハワイには14年間も行っていないこと、ハワイのおすすめスポットや食べ物などハワイに関する知識がまったくないことを反省します。番組の禊として自腹で1泊3日のハワイ旅行に行きました。

スポンサードリンク

立花理佐が離婚危機!?『私の何がイケないの?』で朝帰り妻や夫とのすれ違いを告白

今までは旦那への愛情表現を欠かさなかった立花理佐。夫が外出するときの見送りのキス、2人で食事に行けば必ず隣に座り、「あ~ん」と夫に食べさせてもらうようせがみます。また、夫の浮気チェックも激しく、携帯メールを毎日チェック、女性からの電話番号で着信が入っていれば、その電話番号にかけ直すほどの嫉妬心を見せていました。


しかし、ここ1年ほどは立花理佐は朝帰りを繰り返し、朝早い夫とすれ違いの毎日を送っています。見送りのキスもなくなり、一緒に食事に行っても対面に座るようになります。食事中もあまり喋りません。「愛情が冷めてきたのでは?」と思った夫は番組でドッキリをしかけ、妻の愛情を確かめようと試みます。

妻の愛情を確かめるべくドッキリをしかける

立花理佐

出典:ameblo

ある日立花理佐と夫が2人で食事に行き、夫が席を外す時にわざと携帯電話を机に置いておきます。その間に女性からのメールを送ったり、女性の電話番号から電話をかけます。そのとき立花がどんな反応を示すかで妻の愛情を確かめます。メールが来ても、電話の着信が鳴っても立花は興味なさそうに反応を示しません。以前はあれほど携帯チェックを欠かさず行っていた彼女が嘘のように無関心です。


そこで立花の真意を確かめるべく問いただします。そうすると彼女は、「夫が細かすぎてそんなにわたしのことが嫌いなのか?」、「もっと自由にさせてほしい」と彼女の心のうちを暴露します。さらに、以前息子に「ママと一緒に大阪に帰ろうか」と言ったことも明かし、息子が「転校したくない」と言ったので大阪に行くのを諦めたと話します。


立花は夫に「(離婚を)真剣に考える気ある?」と問いただし、夫は「離婚?いいよ」と答えます。立花は夫が口を開くたびに「デブ、口が臭い」ということに対して不満を抱いており、夫は「本当のことを言ったまでだ」と反論しました。

朝帰りは夫に構ってほしい妻の愛情の裏返し

テレビに出演していた西川史子や江角マキコは「これはイチャイチャしているうちの一環」、「朝帰りも夫に構ってほしい妻の愛情の裏返し」、「本当に愛情がなくなればもっとヒドいことを言うようになる」と2人が離婚しないと思うと語っています。一時は危うく離婚寸前の展開でしたが、まだまだ2人の愛情は確かなものと言えそうです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ