大倉忠義の『ドS刑事』多部未華子とのドラマ共演なら許される理由

 ドS刑事

 出典:drama

2015年4月スタートの春ドラマ『ドS刑事』が4月11日から毎週土曜日に放送されます。主演は独特のほんわかした雰囲気で人気の多部未華子。彼女のバディ役はいけイケメンで女子に大人気の関ジャニ∞大倉忠義が勤めます。

スポンサードリンク

今回で3度目となる大倉忠義と多部未華子の“共演”

大倉忠義 多部未華子

出典:http://prcm.jp

『ドS刑事』では人が困った顔を見るのが大好きなドSな性格の刑事である黒いマヤ役を演じる多部未華子と、真面目だけどおっちょこちょいな交番勤務の警官である代官山脩介を演じる大倉忠義がバディを組むだけでなく、ラブストーリーとしてキスシーンもあるという。


さらに大倉忠義と多部未華子は過去に2008年の『ヤスコとケンジ』、2010年の『GM~踊れドクター』で共演しており、今回で3回目の共演になります。ドラマの共演が重なると必然的に“仲良くなる”ことが多いと言われる芸能界。しかもラブシーンがあればお互いを“男女”として意識してしまうことは仕方のないこと。


大倉忠義ファンとしては、“許しがたい暴挙”であり、多部未華子に対しての批判が殺到しそうですが、意外にも批判はなく女子の間でも好意的に受け止められているようです。


大倉忠義と多部未華子の“浮き名”が流れてもおかしくない状況であるにも関わらず、なぜ大倉忠義ファンは平静を保っていられるのでしょうか?

『ドS刑事』での2人の共演に関するファンの声

大倉忠義

出典:http://matome.naver.jp/odai/2141996326284063301/2141996747984919003

『ドS刑事』で大倉忠義と多部未華子の共演が決まったときに出たファンの声は次のようなものがありました。

TwitterのComment

 「多部ちゃんと大倉共演しすぎ\( ^p^ )/ 多部ちゃんの大倉に対するあたりの強さ(笑) 楽しみー♡」

 「大倉くん、また多部ちゃんと共演だ!やったー!!嬉しい(≧∀≦)」

「大倉多部ちゃんと共演嬉し~~~~~~~~~~~~」

このコメントにもある通り、女子は「楽しみ」とという声が圧倒的多数を占めていました。その理由は多部未華子の容姿とキャラクターにあります。

スポンサードリンク

多部未華子なら許される理由とは?

多部未華子

出典:http://matome.naver.jp/odai/2141996326284063301/2141996747984919003

多部未華子はそのほんわかした雰囲気と独特のキャラクターで人気。見た目については、いわゆる“美人”ではありません。彼女は“ブスかわいい”という異名を持つ通り、人によっては「ブスだ」、「でもそこがかわいい」など多種多様ですが、“美人ではない”というのが、世間での共通認識。


また、キャラクターについても、妹キャラでもなく美人キャラでもない、どちらかというと天然でおっとりしている癒し系やお笑い系に近い部類と言えるでしょう。


そのため女子としては“安心できる”キャラクターでもあり、一般的な美人でもないので敵対視されづらく、むしろ“共感の対象”として受け止めやすいのではないでしょうか。実際に「多部未華子なら許せる」という声が多いの事実。

TwitterのComment

「多部未華子は許せる♡」

「大倉また多部ちゃんとドラマか*\(^o^)/*多部ちゃん好きやから嬉しい?多部ちゃんとなら付き合ってる言われても許せる(・∀・)笑」

「おおくらと多部ちゃんってなにげ3回も共演してるんだよね~。多部ちゃん好きだからいいんだけど\(^^)/」


例えば『ドS刑事』の黒井マヤ役が石原さとみならば、熱愛の噂の対象になっていたでしょうし、深田恭子ならば批判の対象になっていたでしょう。


しかし、多部未華子ならば熱愛になったり、“食べられる”心配も少ないことから、純粋にドラマの世界に没入し感情移入できるため、おむね好意的に受け止められたと考えられます。


こうした“配慮”をしたことでドラマへの期待度を高めることに成功した製作陣。今後はドラマのストーリーをいかに盛り上げていくことができるかが、評価における浮沈の鍵を握ると言えるでしょう。

<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

なぜ『ドS刑事』がおもしろいとの感想が多く絶賛されているのか?

多部未華子が『ドS刑事』黒井マヤのイメージと合わない2つの理由

『ドS刑事』ロケ地情報まとめ!撮影場所の川崎や横浜、浅草、葛西など

瀬戸康史の妹である瀬戸さおり..ノンノで活躍する博多出身モデルがキレカワすぎると話題に!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ