山下智久の演技は下手なのか?俳優に必要な3つの素養から検証した

山下智久

出典:naver

ジャニーズアイドルとして人気の”山P”こと山下智久。歌手としてだけではなく映画やドラマに多数出演し俳優としても活動しています。また、英会話番組である『大人のKiss』で高い英語力を披露するなど多彩な分野で活躍してきました。2015年は4月スタートの注目ドラマ『アルジャーノンに花束を』で主演の白鳥咲人役を演じることになっていますが、インターネット上では「演技が下手」など、山下智久の演技力を疑問視する声が多いのも事実。そこで今回は演技力も含めた俳優にとって必要な素養から”俳優・山下智久”について検証してみました。

スポンサードリンク

俳優に必要な3つの素養とは?

俳優に必要な素養について問われたときにさまざまな回答が散見します。技術的な要素を重要視する人もいれば、その人の生き方や生き様が大切であると説く人もいるなど千差万別。そのため、大きく次の3つに分類しました。

  1. 演技力
  2. メンタル
  3. 人間力

演技力についてはその名の通り技術的な要素。役柄を理解してその人にいかになりきるかや、セリフの抑揚、感情表現などです。メンタルとは俳優の信念やプレッシャーや緊張に打ち勝つ精神力。人間力については見た目などのルックス、社交性や協調性などの人間性を含めた”人としての力”です。それぞれの素養から山下智久の俳優としての力を見ていきます。

1.演技力

山下智久

出典:http://thisisenglish.jp

山下智久の演技力についてはインターネット上での視聴者の声から評価すると、やはり「下手だ」という意見が多くありました。とくに「滑舌が悪い」、「声が小さい」という感想が目立ちます。役柄の問題もあるかもしれませんが、過去に出演したドラマの感想から同じような声が目立つということは、山下智久に共通して見られる意見と考えられます。

Comment

「下手ですね。滑舌が悪いうえに鼻声のような声なので、何を話しているのかが分かりません。」

「わたしも下手だと思います。なんか全体的に不自然ですね。表情も豊かなほうではないですし、しゃべり口調も無理がある感じがします。」

「どの役をやっても同じように見えますし、ぼそぼそしゃべるのでセリフが聞き取りにくいです。特に感情を込める演技は苦手なように感じます。」
(Yahooコメントから引用)

このことから山下智久の演技力についてはまだまだ改善の余地があると言えるでしょう。彼も今年で30歳になりますが、役者としての道を進んでいくのであれば鍛錬を積むことによって向上していけるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

2.メンタル

山下智久

出典:http://matome.naver.jp/odai/2140790565182186901/2140790802584095403

自分の信念をしっかりもち絶え間ない努力を怠らないと言われている山下智久。「世界で活躍したい」という夢をかなえるために英会話を身につけようと努力している姿勢は『大人のKiss』での英語力に現れています。また、今までの発言から彼の仕事や人生に対する考え方を垣間見ることができます。

Comment

「逃げ出さずに壁を乗り越えた先にはきっと全力でぶつかっただけの価値がある。壁に何回もぶつかるとはおもうけどもう一回再挑戦しようっていう気持ちが大切」

「男は仕事してなんぼじゃないですか。そう思います、俺は。」

「自信を持ってというか、、、自分がやっていることに誇りは持ってるし、オレが選んだ仕事だし。」

自分の仕事に誇りをもち、壁にぶつかっても全力で挑戦していくという信念。通常はグループで活動したほうがメリットが大きいと言われているジャニーズですが、もともと所属していたNEWSを「一人でどこまでできるか挑戦したい」と脱退してソロ活動をはじめたことは彼の飽くなき向上心ゆえの行動。こういった強い信念や向上心、そしてチャレンジ精神は役者を行ううえで大切な心構え。俳優として成長していくうえですばらしいメンタルをもっていると言えるのではないでしょうか。

3.人間力

山下智久

出典:http://d.hatena.ne.jp/kakusin/20081203/1228255808

俳優としての大きな要素である”ルックス”。山下智久のルックスに異論を唱える余地はないでしょう。端正な顔立ちから「かっこいい」、「イケメン」という数えきれないほどの声があります。


また、礼儀正しく他人への気配りを忘れないことで有名な山下智久。2012年10月放送の『A-Studio』ではかつてドラマで共演したリリー・フランキーからこう評されています。

Comment

「オレの知ってる中で一番礼儀正しい。」

さらにMCの鶴瓶が”山下智久の人間力”と評し次のように話していました。

Comment

「余計なことは言わないし自分を取り繕ったりしない。目上の人と接する時にも変に取り入ろうとしたりせずあくまで自然体なんだけど態度や物腰から誠実さ、真面目さ、優しさなんかがにじみ出てる。表面だけじゃない内面の懐の深さを感じる。」

彼の誠実さや真面目さ、他人に対する気遣いを絶賛する人が数多くいるのも事実。俳優は一人だけで演技をするのではなく、共演者、スタッフを含めたチームで作り上げていくものです。現場のムードを和やかにし、チームとして気持よく仕事ができる素養こそが彼の最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

なぜ俳優にメンタルや人間力が必要なのか?

スポーツの世界でも同じですが、どんなに才能や技術があっても飽くなき向上心や努力をし続ける姿勢がなければ大成しません。現時点での技術力よりも”成長したい”という強い想いを抱いて努力し続けた人が最終的に成功を収めます。また、どんなに才能や技術があっても一人よがりで放漫なプレーをしていては、チームとして機能しません。仲間を活かし仲間に活かされるチームワークを発揮してこそ大きな成果を上げることができるのです。これを仕事に置き換えても同じでしょう。


この観点から見れば、山下智久は現時点では演技力というスキルの部分については改善の余地はありますが、あくまでも技術的な部分。真面目で向上心があって努力家の彼が今後本気で取り組んでいけば、向上していくことができるでしょう。そしてメンタルや人間力は非常に高いものがあるため、俳優としてすばらしい素養を持っていると言えるのではないでしょうか。

<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

山下智久主演ドラマ『アルジャーノンに花束を』の感想がおもしろいと好評な2つの理由

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ