玉森裕太の演技は上手いか?下手か?ドラマの感想から検証した

玉森裕太

出典:b-o-y

ジャニーズグループ・Kis-My-Ft2のメンバーとして絶大なる人気を誇る玉森裕太。アイドルの本業である歌やダンス、バラエティ番組などで活躍する一方、俳優としてドラマや映画でも活躍してきました。


そんな玉森裕太の演技について、「下手」、「上手い」という相反する評価がある一方、「上達した、上手くなった」とこれまでより演技力が向上している、という感想も多くありました。


「玉森裕太の演技はけっきょくのところ上手いのか?下手なのか?」そう疑問に思われた方も少なくないはず。そこで今回は玉森裕太の演技力について、これまでの代表作の感想や評価から検証していきます。

スポンサードリンク

ドラマデビュー当時は演技を酷評されていた玉森裕太

玉森裕太,ごくせん

出典:http://newclassic.jp/25419

2009年に放送された『ごくせん 卒業スペシャル』でドラマデビューした玉森裕太。この作品は”ちょい役”程度の出演のため評価が難しいですが、2011年の香取慎吾主演の春ドラマ『幸せになろうよ』では登場時間も比較的長く、セリフも多くある柳沢優次役として出演。


この当時は「滑舌が悪い」、「セリフに感情がのっていない」など酷評されてきました。

ドラマ『美男ですね』(2011年)

玉森裕太,美男ですね

出典:http://lineq.jp/q/16876360/image/sc0

2011年の春ドラマ『幸せになろうよ』に続いて、夏ドラマ『美男ですね』に連続出演となった玉森裕太。


韓国のドラマを日本版にリメイクした作品で瀧本美織が主演、玉森裕太が準主役である桂木 廉役で登場する”大役”での出演。まだ、演技経験も少ない中での大役で本人も「緊張した」と話しています。


このドラマにおける評価は「Yahoo知恵袋」では酷評意見もある一方、ツイッターでは「引きこまれた」と評価する声もあるなど、意見が別れた作品となりました。


Yahoo知恵袋での感想

「ごくせんでの演技もひどかったのであまり期待していませんでしたが「幸せになろうよ」よりもひどく感じました。」

「玉森君は台詞を怒りという感情だけでツラツラとただ言ってるだけだったり、とても言葉が軽く口調や表情だけで押してて、役のカリスマ性とか圧倒的な存在感が薄っぺらく台詞の中で一番どの言葉を立てるべきか分かっていないように感じました。」
(出典:yahoo知恵袋)


俳優としてはまだまだ”駆け出し”と言えるときであり、酷評意見があるのも仕方ありません。

ドラマ『信長のシェフ』(2013年)

玉森裕太

出典:http://girlschannel.net/topics/95600/

玉森裕太が連続テレビドラマ初の単独主演となった記念すべき作品。玉森裕太の他に、及川光博、志田未来、稲垣吾郎らが出演し、戦国時代をカジュアルに描いた作風で人気を博したことで、2014年に『信長のシェフ2』も放送されました。


このドラマの主人公である料理人のケン役を演じた玉森裕太。これまでは酷評されたり、意見が2分するなどの評価が続いていましたが、この作品における感想はどうだったのでしょうか?

 


『信長のシェフ』や『信長のシェフ2』では「玉森裕太は演技が上手になった」という声が目立つことから、彼の演技力は上達していっていると言えるでしょう。

ドラマ『ぴんとこな』(2013年)

玉森裕太

出典:http://prcm.jp/album/tamapintokona/pic/25764358

玉森裕太が民放のゴールデンタイムで初の主演を飾った夏ドラマ。歌舞伎界のイケメン御曹司のラブストーリーを描いた作品で、玉森裕太は主人公の河村 恭之助を演じました。


歌舞伎という難しい役柄もこなすというチャレンジングな作品となったこのドラマにおける感想を見ていきます。

 


『ぴんとこな』では「オーラを感じる」という意見もあることから、俳優としての存在感も身にまとうようになってきた証であり、玉森裕太の確実な成長が見れた作品と言えるのではないでしょうか。

ドラマ『銭の戦争』(2015年)

玉森裕太,銭の戦争

出典:https://twitter.com/taaata0317/status/621126234638946304

SMAPの草彅剛主演で玉森裕太と高田翔などジャニーズ系俳優の出演や、大島優子、木村文乃、渡部篤郎、津川雅彦ら”演技派俳優”も数多く出演したことで話題を呼び、平均視聴率13.4%を記録したヒット作品。


玉森裕太は草彅剛の弟役としての特別出演となったことから、メインキャストに比べて登場時間はあまり長くありませんでした。


”泣きの演技”も見せたこのドラマに対する感想はどうだったのでしょうか。

 


さらなる彼の成長と進化を感じられた作品となり、「玉森裕太は演技派俳優になった」という印象を決定づけた傑作となった、と言えるのかもしれません。

玉森裕太の演技は下手なのか?上手いのか?

玉森裕太

出典:http://prcm.jp/album/mmayu/pic/38387355

ここまで玉森裕太の過去の代表作における演技の感想を見てきました。これまでの評価を総合すると、「最初は棒読み大根役者であったが、徐々に上達して上手くなった」と言えます。


2015年11月公開の『レインツリーの国』では「Kis-My-Ft2の”演技派”玉森裕太が満を持して映画初主演に挑みます」という紹介にもある通り、”演技派”であることがすでに通説になった、と言えるでしょう。


さらに、2015年10月からスタートするドラマ『青春探偵ハルヤ』でも主演を務めることが決まっているため、この作品における評価にも注目が集まります。


スポンサードリンク

最後に

ドラマ出演歴6年目でこれまで14作品程度しか出演歴がないながらも、すでに”演技派”として認められるようになった玉森裕太。10月スタートの秋ドラマ『青春探偵ハルヤ』での熱演に期待したいですね。

<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

『青春探偵ハルヤ』ロケ地や撮影場所まとめ!玉森裕太ら目撃情報

玉森裕太の私服や衣装のオシャレなブランドを紹介

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ