2ヶ月で-18キロのダイエットに成功!無理せずお金をかけない方法

スポンサードリンク

2014年も残すところあとわずか。2014年を振り返るとともに、2015年に向けての抱負や目標を考え始めている人もおおいのではないでしょうか。


「今年は太ってしまったな~」、「今年もダイエットできなかった・・来年こそは!」、「痩せたいんだけど、ついつい食べ過ぎてしまう・・・」など来年こそはダイエットに励みたい、ダイエットしたい気持ちはあるけどなかなか始められない・・そんな方もいるかもしれません。


筆者は現在は標準的な体型(のはず)ですが、過去に2回ほど太ってしまったことがあります。現在の体重を自身の標準体重とすると1回目は約15キロ、2回目は約19キロ太りました。しかし、2回とも始めてから3ヶ月以内でダイエットに成功して、今は標準体重を維持しています。


巷にはスポーツジムやダイエットサプリなどお金をかけてダイエットする方法が溢れていますが、筆者は2回のダイエットともに、お金をかけないで成功しています。

027


そこで今回は筆者がお金をかけないで2回とも3ヶ月以内にダイエットを成功させた5つの方法を具体的にお伝えします。

スポンサードリンク

過去2回のダイエット記録

筆者が過去2回のダイエットに成功した時の元の体重、ダイエット後の体重、ダイエット期間です。

1回目のダイエット

・ダイエット前体重:76kg

・ダイエット後体重:61kg

・ダイエット期間:約3ヶ月

2回目のダイエット

・ダイエット前体重:79kg

・ダイエット後体重:61kg

・ダイエット期間:約2ヶ月


ダイエット当時の正確な記録が残っていないため、体重はだいたいの数値になります。また1回目と2回目で同じ方法を使ったのに、なぜダイエットにかかる期間が違うのかというと、会社のつきあいや、飲み会の頻度によって期間に違いが生まれました。

最初の1ヶ月は大きな成果は出ないが、2ヶ月目から大きく成果が出始める

過去2回とも同じですが、ダイエットを開始し最初の一ヶ月は大きな成果が出なかったです。数キロ減るくらでしょうか。しかし2ヶ月目から大きく成果が出始め、体重や体脂肪がどんどん減っていくようになりました。

 

それではここから筆者が実践した5つの方法をご紹介します。

その1:毎日体重を測る

taijyu02-thumb-268xauto-555

ダイエットメソッドなどには必ず書いてあることですが、やはり体重を毎日記録することは大事です。毎日計測して自分の中で意識することで、無駄な間食をしなくなったり、ついつい食べ過ぎてしまうということを減らすことができました。


ちなみに筆者は朝起きてすぐと寝る前に体重を測っていました。

毎日計測して記録することが楽しみになる

毎日計測した体重を記録するようにしていました。毎日計測して記録していると「今日はこれだけ減った」、「1週間でこんなに減った」などを視覚的に把握することができますし、減った数字を見るのが楽しくなってきます。ちなみに記録はスマホにある無料の体重記録アプリを利用していました。

その2:毎日90分間ウォーキングをする

cc200905150417009004

運動をしないで痩せるなどの方法もあったりしますが、筆者は健康的に自然に痩せたいと思いウォーキングを毎日していました。基本的に継続して20分以上の有酸素運動をすることで体脂肪が燃焼すると言われていますね。

基本的には夜にウォーキングをしていた

主に仕事が終わってからの夜に行っていましたが、仕事で帰りが遅くなる時は、ウォーキングシューズとトレーニングウェアを持参して会社が終わったあと、トイレで着替えて会社から家までウォーキングして帰ったこともありました。

身体への負荷が少ないので、毎日無理なく継続できるウォーキングにした

確かにランニングの方が脂肪燃焼に効果的ですが、ランニングだと負荷が高くて毎日継続できない恐れがあるため、身体への負荷が少ないウォーキングにしました。とにかく”毎日無理なく続ける”ことを意識しました。

ウォーキングを学習時間にした

ただウォーキングするだけではもったいないと思い、その時学習していたビジネスノウハウに関する音声教材を購入し、ウォーキング中にずっと聞きながら学習していました。「ダイエットしながら学習もできる!」一石二鳥でお得な気分でウォーキングしていました。


ただウォーキングだけしていたら、飽きっぽい筆者は続かなかったかもしれません。ウォーキングしながら学習するなど、ウォーキングすること自体に自分なりのプラスアルファの目的や楽しみを作り出すといいかもしれません。

その3:毎日10回だけスクワットをした

kewtpit08

効果的に体脂肪を燃やすためには、筋肉をつけて基礎代謝を増やすことも大事です。スクワットは人間の筋肉の中でも大きな面積がある大腿筋を鍛えるエクソサイズであると言われています。つまり、面積の大きな部位の筋肉量を増やすことで効果的に身体全体の筋肉量を増やすことができるわけです。

多くの芸能人も行うスクワット

芸能人の吉永小百合さんや黒柳徹子さんもスクワットを日課にしているそうです。

無理なく続けられる1日10回にした

ウォーキングでも話しましたが、無理なく続けられることを意識したため、1日10回だけにしました。これなら効果的に筋肉がつくとともに、大きな負荷とはならないため、無理なく続けることができます。

正しいスクワットのやり方

スクワットも正しい方法で行わなければ効果は出ません。そこで正しいスクワットのやり方を解説した動画を紹介します。ちなみにこの動画でも「最も代謝が上がるのはスクワット」と言っています。

 出典:youtube

その4:1日3食きちんと食べた

015

 食べる量を無理して減らすなどのダイエットをして、健康を損なっては本末転倒と思ったので、1日3食きちんと食べるようにしていました。また、筆者は食べないと、ストレスがたまるタイプでしたので、毎日きちんと食べることでストレスなく続けることができたのかもしれません。

間食はしなかった

3食きちんと食べる代わりに、3時のおやつなどの間食はしないようにしていました。仕事の合間にリラックスしたい場合は、コーヒーを飲むなどしていました。

食べないものの制限をかけずに、バランスよく食べた

毎日、肉、魚、野菜、穀類、乳製品などバランスよく食べるようにしていました。「これは食べない」などの制限をするとストレスがたまるの制限することはしませんでした。焼肉も食べましたし、お酒も飲みました。繰り返しになりますが、ダイエットは継続が大事だと思いますので、ストレスをあまり感じないように意識しました。

ただし、次のその5であげる夕食の炭水化物だけはやや量を減らしました。

その5:夕食の炭水化物の量を減らす

4902220303458b

米などの炭水化物を減らすことがダイエットに効果があることは有名ですね。そこで筆者も取り入れました。ダイエットをする前はご飯茶碗で1杯~2杯程度のご飯を食べていましたが、ご飯茶碗半分程度に減らして、減らした分野菜や肉などを多めにとるようにしました。単純に食べる量を減らすのは精神的につらくなると思ったので、炭水化物を減らした分、肉や野菜で補いました。

無理に減らしすぎない

炭水化物を一切食べないようにする方もいますが、炭水化物をまったくとらないと身体への弊害があるかもしれません。なのでいつもより減らすことを心がけました。とにかく健康的に痩せることを意識したんですね。

 

以上が筆者が実際に実践したダイエット方法です。とくに難しいことや無茶なことは何もしていませんが、この方法で2回ともダイエットに成功していました。


いかがでしたでしょうか。ダイエット方法もさまざまな方法がありますので、自分に合った方法を見つけて無理なく楽しみながらダイエットするのがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ