天才・宇佐美貴史が日本代表で見せた4つの圧倒的な才能とは?

宇佐美貴史

出典:soccer-soku

ハリルホジッチ監督のもと、初の国際試合となるJALチャレンジカップが行われました。2015年3月27日に対チュニジア戦、3月31日に対ウズベキスタン戦ともに勝利したサッカー日本代表は、香川真司、本田圭佑、岡崎慎司による”ビッグ3”の存在感を再認識するとともに、宇佐美貴史、青山敏弘、柴崎岳ら新勢力の台頭も目立つ、すばらしい船出となりました。


その中でも傑出した活躍と可能性を見せたのが、2試合ともに途中交代で出場した宇佐美貴史でした。チュニジア戦でも才能の片鱗を見せつけるヒールパスや裏への抜けだしとシュートを放ち、ウズベキスタン戦ではすばらしいドリブル突破からの代表初ゴールを決め、その後もパスやシュートで強烈なインパクトを残しました。

 

その類まれなる才能で”日本サッカー史上最高の天才”と言われてきた宇佐美貴史。天才と称される4つの資質を日本代表戦で垣間見せました。

スポンサードリンク

その1:ドリブル突破

宇佐美貴史

出典:http://oreshiten.blog47.fc2.com/blog-entry-305.html?sp

宇佐美貴史がウズベキスタン戦で決めたゴールは、ペナルティエリア前でパスを受け、目の前にいるディフェンスをステップでかわして、一人で持ち込みキーパーと1対1という場面を作り出した上でのゴールでした。


ドリブル突破は宇佐美貴史の代名詞であり、バイエルン・ミュンヘン時代にも屈強なデエィフェンス人3人を交わして決めたゴールは絶賛されていますし、現在所属しているガンバ大阪でも数多くのドリブル突破を見せています。


今までの日本代表はスペインのような”ボールポゼッション”を主眼においたパスサッカーをしていましたが、攻撃が停滞するとただボールを回しているだけになって、突破口が見えませんでした。香川真司のターンのように瞬間的にかわせる選手はいても、宇佐美貴史のようにバイタルエリア内でドリブルで仕掛けて単独でゴールまで持ち込める選手はいませんでした。


メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、そしてネイマールなど世界的に天才と称されている選手はみな”自分で仕掛けてゴールも決められる”圧倒的な個の力を持っています。宇佐美貴史も同じように自らドリブルで仕掛けることができる、個の力こそが天才たる所以の1つと言えるでしょう。

その2:高いシュートの精度

宇佐美貴史

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150331-00000104-jijp-spo.view-000

ウズベキスタン戦のゴールはキーパーと1対1になりながらも、ゴール右隅の絶妙なコースにシュートしたことでゴールが生まれました。また、得点にはなりませんでしたが、ウズベキスタン戦の後半に左サイドペナルティエリア付近でパスを受けた宇佐美貴史が、独特のステップでディフェンスを交わした後に、シュートタイミングでもないのに関わらず、ゴール左隅を狙ったシュートを放ちました。


キーパーのファインセーブにより惜しくもゴールなりませんでしたが、確実にゴールの枠をとらえたシュートに解説の都並敏史氏も「あのタイミングであのシュートを打てるなんて・・・」と絶句するほどの才能を見せました。


「シュートの精度を見てもらいたい」とハリルホジッチにアピールしていた宇佐美貴史。フォワードに求められる得点を決める上でのシュートの精度についても、すばらしい才能を持っている、と言えます。

スポンサードリンク

その3:すばらしいパスセンス

宇佐美貴史

出典:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150329-00010000-sdigestw-socc.view-001

才能の片鱗を見せつけたのは、ドリブルとシュートだけではありません。パスにおいても高いセンスがあります。チュニジア戦で見せた2つのヒールパスは試合後にファンの間でも話題となりました。


また、ウズベキスタン戦でも途中交代早々に見せた岡崎慎司への絶妙すぎるパス。あと一歩届かずゴールにはなりませんでしたが、解説の都並敏史氏も「あの状況で岡崎へのパスはなかなかできない」とその類まれなるパスセンスを賞賛していました。

その4:抜群のスピード

宇佐美貴史

出典:http://news-soccer.net/site/81/91005.html

日本サッカーにも宇佐美貴史と匹敵するほどのボールテクニックを持っている選手はいました。”50年に1人の天才”と称された小野伸二、日本サッカー史上最高のレフティである中村俊輔、そして現代表である香川真司がその代表格です。


しかし、彼らはスピードがやや不足していたため、単独でドリブルで持ち込んだり、スピードで裏に抜け出すことはできませんでした。香川真司はスピードではなく敏捷性が高いため、一瞬のターンでディフェンスを置き去りにすることはできますが、スピードで置き去りにすることはできません。


宇佐美貴史の抜群のスピードを象徴していたのが、チュニジア戦で香川真司からのスルーパスを受けてあわやゴールとなったシーンです。香川真司のスルーパスが賞賛されましたが、その前の宇佐美貴史の動き出しと相手ディフェンスを簡単に置き去りにしたスピードは特筆するものがありました。


このスピードこそが今までの日本サッカーの天才たちにかけていた最大の資質と言えるのではないでしょうか。


圧倒的な才能がありながらも、ハードワークに難があり調子にムラがあるため、ザックジャパンやアギーレジャパンでは代表から遠ざかっていた宇佐美貴史。ハリルジャパンのもと、課題であったハードワークも改善されつつある今、日本サッカー史上最高の選手としてヨーロッパのビッククラブで活躍する日もそう遠くはないかもしれません。

<この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます>

宇佐美貴史の年収を本田圭佑、香川真司、岡崎慎司と比べてみた

サッカープラチナ世代の日本代表メンバー活躍ランキングベスト5

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ